世界中から注目を集めるスーパーフード“モリンガ”。

モリンガは豊富な栄養素を持ち、美容や健康にいいことから、多くの海外セレブたちにも愛用されているんです。

本記事では、得たい効能ごとに、モリンガを飲むオススメのタイミングを紹介します。

「モリンガを食事に取り入れたいけど、いつ飲めばいいのかわからない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

モリンガって何?

そもそも、モリンガとはどのようなものかご存知ですか?

モリンガはその栄養価の高さから、古代ギリシャから人々に長く利用されてきた植物なんです。

モリンガとは

モリンガとは、別名“ワサビノキ”ともいい、主にインド・ヒマラヤを中心とした亜熱帯地域で栽培されている可食植物です。

「奇跡の木(ミラクルツリー)」や「生命の木」とも呼ばれるほど高い栄養価を持っています。

よく加工されるのはモリンガの葉の部分ですが、実は種から花までほとんどの部分に栄養が詰まっている珍しい植物なんです。

現在は沖縄県や鹿児島県などでもモリンガが栽培されるようになり、食用のみならず、サプリやスキンケア用品などとしても流通しています。

海外セレブも愛用

モリンガは、実は海外セレブたちにも愛用されています。

海外セレブの多くは、美容や健康のためにグリーンスムージーなどの置き換えドリンクを食事に取り入れています。

その置き換えドリンクにモリンガパウダーをプラスして、足りない栄養素を日々補っているんです。

モリンガの栄養成分

モリンガには「90種類以上の栄養素」「46種類の抗酸化物質」「36種類の抗炎症物質」「18種類のアミノ酸」が含まれています。

豊富な栄養を持っているだけでなく、その栄養価の高さも群を抜いている食品なんです。

- ビタミンA(にんじんの4倍)
- ビタミンB1(豚肉の4倍)
- ビタミンB2(イワシの50倍)
- ビタミンC(オレンジの7倍)
- ビタミンE(卵の96倍)
- カリウム(バナナの3倍)
- カルシウム(牛乳の16倍)
- マグネシウム(卵の36倍)
- ポリフェノール(赤ワインの8倍)
- ギャバ(発芽玄米の20倍)
- アミノ酸(米酢の97倍)
- 食物繊維(レタスの28倍)
- 鉄分(プルーンの82倍)

上記はほんの一例ですが、モリンガが含む栄養価がいかに高いかがわかります。

さまざまな食品から満遍なく栄養を摂取するのは大変ですが、モリンガは日々の食事に簡単に取り入れることができますよ。

バランスよく栄養を摂ることで、日々の元気の源になってくれるでしょう。

モリンガを飲むタイミングは?

結論からいうと、モリンガを飲むタイミングはいつでも大丈夫です!

おすすめのタイミングは、以下の5つの項目を参考にしてみてください。

1.朝に飲む

朝の空腹時にモリンガを摂取することで、素早く豊富な栄養素を吸収できます。

モリンガドリンクを「目覚めの1杯に」「朝ごはんにプラスして」など、毎朝の習慣にするといいでしょう。

- パン+モリンガドリンク(牛乳で割る)
- ご飯+モリンガドリンク(水で割る)
- 簡単にモリンガヨーグルト
- 腹持ち良くモリンガスムージー

栄養不足を気にしている人は、朝食に栄養満点の1杯をプラスしましょう。

2.寝る前に飲む

寝る前は、モリンガをお湯や温かい牛乳と混ぜて、ホットドリンクにして飲むのがオススメです。

1. カップにお好きな量の牛乳をそそぐ
2. レンジでお好みの熱さに温める
3. モリンガパウダーを入れてよく混ぜる
4. お好みではちみつなどをプラス

寝る前に温かい飲み物を飲むことで副交感神経が働き、リラックス効果が生まれます。

栄養満点なホットドリンクで良質な睡眠をゲットし、明日への活力にしましょう。

3.食事の後に飲む

食後のコーヒーのように、食事の後にモリンガドリンクを飲むのもオススメです。

食事の後に飲むことで、食べたものと一緒にモリンガの栄養素を効率よく吸収できます。

4.運動の後に飲む

運動をすると、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などさまざまな栄養素が消費されます。

モリンガは上記栄養素を豊富に含んでいるので、運動後の栄養補給にもオススメです。

また、水に溶かして飲むことで水分補給も兼ねられます。

運動後にプロテインを飲む人は、そこにモリンガパウダーを加えるのも栄養がプラスされてオススメです。

5.気付いた時に飲む

毎日の習慣にしても「どうしても時間がなくて飲めなかった!」というときもありますよね。

そういうときは、気付いたときにササっと飲んでしまいましょう!

スティックタイプのモリンガパウダーなら、職場や出かけ先に持っていって飲めるのでオススメです。

モリンガにはさまざまな効能がありますが、大切なのは「飲むタイミング」より「毎日少しずつ飲む」ことです。

ご自身の都合の良いときに、お好きな飲み方で飲んでくださいね。

オススメは“毎日継続して飲む”こと

モリンガはあくまで食品です。

薬ではないので「1回飲んだら速攻効く!」というものではありません。

モリンガを毎日少しずつ飲むことで、健康や美容の嬉しい変化が見られるかもしれません。

ぜひ毎日の習慣に、豊富な栄養を持つモリンガを取り入れていきましょう。

飲みやすい“モリンガ青汁”

毎日飲みやすいモリンガドリンクとして、マイナチュラの「フルーツモリンガ」がオススメです。

フルーツモリンガには「1000億個の乳酸菌」や「121種の植物発酵エキス」に加え、モリンガに含まれる豊富な栄養素がギュッと詰め込まれています。

青汁が苦手なお子様でも飲むことができる、スッキリとした飲み口が特徴です。

フルーツモリンガは、1日1〜2包を目安にお水、牛乳、豆乳、ヨーグルトなどに混ぜてお召し上がりください。

美容に嬉しい「コラーゲン」や、バランスの取れた「生酵素」の配合でダイエットサポートにもぴったりです。

スティックタイプで持ち運びもできるので、職場や出かけ先で飲むこともできますよ。

アレンジもOK

モリンガパウダーは、ドリンク以外にスイーツや食事にアレンジすることもできます。

ぜひ色んな食べ方でモリンガを楽しんでみてください。

スイーツに加える

モリンガパウダーは色味が鮮やかなので、ケーキや焼き菓子にアレンジして楽しむことができます。

使用方法は簡単で、生地にモリンガパウダーを練り込んで通常通り焼くだけです。

モリンガパウダーは主にモリンガの葉から抽出されているので、抹茶や緑茶のような風味で美味しく食べられます。

特に抹茶味のスイーツが好きな人は、上記の方法で楽しむのがオススメです。

スープに加える

トマト味との相性がよく、海外では「ミネストローネ」にモリンガパウダーを加えることが多いようです。

アボカドディップに混ぜる

緑のアボカドディップに混ぜることで、違和感なくモリンガの栄養を摂りながら食事を楽しむことができます。

パーティーやお誕生日会などで大活躍のアレンジ方法ですね。

ディップする食材は、クラッカーなどお好きなもので大丈夫ですよ。

まとめ

ドリンクの味に飽きてきた人は、ぜひ今回紹介した食事アレンジも試してみてください。

飲み方だけでなく飲むタイミングを工夫することで、モリンガの持つ効能の違いを楽しむことができるでしょう。

ぜひ色んな角度から、モリンガを楽しんでみてくださいね。