モリンガの木は、人間ひとりが年間に排出する二酸化炭素の量を、2本で吸収すると言われています。今回は環境保全にも最適なモリンガについて、考察してみます。

モリンガのCO2吸収量は普通の木の20倍

モリンガの二酸化炭素の吸収量は、普通の木の20倍・日本杉の50倍だと言われています。
人間ひとりが年間に排出する二酸化炭素の量は約320kg。それをモリンガは、2本で吸収するのです。

奇跡の木、モリンガの長所

これまでサイト内で述べて来た通り、モリンガには私たち人間にとっても地球環境にとっても、数多くのメリットがあります。それはもはや、この木の植林を積極的進めない理由が見つからないほどです。

①日本のスギの木の50倍、一般植物の20倍のCO2を吸収する?

②しかもその樹木の全ての部位がわたしたちの健康に役立つ栄養価の高い食品を提供してくれる?

③母乳に近い栄養バランスがあり、乳児から大人まで食べることができる?

④雨量の少ない土地でもよく育ち旱魃にも強い耐性がある。

⑤土地の要求度が低く痩せ地でも育つ?

⑥自然の生育分布と飢餓や貧困に苦しむ人々の生活圏と一致する?

これほどまで、SDGsに向けて最適な植物は少ないのではないでしょうか。

私たちはモリンガの認知拡大に向けて、これからも努力を続けて参ります。