。   &n…

モリンガとは

モリンガとは、世界中で注目されているスーパーフードのことであり、「奇跡の木」と呼ばれることもあります。

原産地はインド北西部のヒマラヤ山脈であり、熱帯地域や亜熱帯地域などの気候を好みます。

日本では沖縄県や熊本県、鹿児島県など暖かい地域で栽培されています。

モリンガは樹皮、根、皮、種など全ての部分が食用に使われることからとても重宝されています。

どの部位にも豊富な栄養素を含みますが、特に葉には豊富な栄養素が含まれていると言われています。

モリンガは90種類以上もの栄養素を含む、まさにスーパーフードです。

日本では近年お茶やサプリなどでモリンガを見かけることが増えてきました。

ヘルスケアとは

そもそもヘルスケアとは、健康を維持するための行為や健康を管理することを言います。

2015年に日本ヘルスケア協会がヘルスケアについて以下のように定義しました。

ヘルスケアとは、自らの『生きる力』を引き上げ、病気や心身の不調からの『自由』を実現するために、各産業が横断的にその実現に向け支援し、新しい価値を創造すること、またはそのための諸活動をいう

引用:日本ヘルスケア協会より

つまり、現代のヘルスケアは身体の健康だけではなく心身の健康も考え、生きる力を養ったり、さまざまな活動を行ったりするという広い意味として捉えられるようになっています。

モリンガとヘルスケア

モリンガは90種類以上もの豊富な栄養素を含むことから、健康の維持や管理に役立つと言えます。

モリンガの持つ栄養素が身体にとってどのように働くのか解説します。

食物繊維

モリンガには、豊富な食物繊維が含まれます。

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分類され、便秘改善などの腸内環境を改善するには2つのバランスがとれていることが重要です。

モリンガはこの食物繊維が両方バランスよく含まれています。

腸は第二の脳と呼ばれるほど身体にとって重要な器官であり、健康維持のために腸の健康は必要不可欠だと言えます。

鉄分

特に女性で不足しがちな鉄分は、モリンガに豊富に含まれています。

鉄分が不足すると貧血になってくらくらしたり、血中に上手く酸素が行き届かず息苦しくなります。

そのような状態ではしっかり健康管理できてるとは言えませんよね。

逆に適切に鉄分をとることで、毎日を生き生きと暮らすことが出来ます。

カルシウムとマグネシウム

カルシウムとマグネシウムは、どちらも骨の健康を維持したり骨を作るときに役立つと言われています。

骨を健康に保ち、毎日健康に楽しく暮らすためにもカルシウムやマグネシウムは欠かせない栄養素と言えます。

モリンガにはカルシウムとマグネシウムが豊富に含まれるため、骨の健康維持や毎日を元気よく暮らすための手助けをすると言えます。

ビタミン類

モリンガには、ビタミンCをはじめビタミンB1、B2、B6など実に豊富なビタミン類を含んでいます。

ビタミンには抗酸化作用があり、お肌をはじめとする身体を生き生きと若々しく過ごすを手伝ってくれます。

アミノ酸

アミノ酸は必須アミノ酸、準必須アミノ酸、非必須アミノ酸の3種類にわけることができます。

特に準必須アミノ酸は体内で作られますが、成長とともに不足していきやすいアミノ酸です。

食事から摂取するのが必要になります。

非必須アミノ酸は食事から摂ることのできるアミノ酸ですが、食生活の乱れによる栄養の偏りなどで、十分に摂れていない人も多いです。

また、加齢などにより減少しやすいので、必須アミノ酸や準必須アミノ酸と同じように食事から摂ることが欠かせません。

モリンガには、9種類の必須アミノ酸だけではなく、10種類のアミノ酸も含まれており、効率よく身体に取り入れることが出来ます。

そのため、身体の働きを生き生きと保つ手助けをします。

美味しくヘルスケアを目指すならフルーツモリンガ

モリンガは抹茶のような味と言われることもあれば、独特の風味や苦みが苦手という人もいます。

マイナチュラのフルーツモリンガなら、りんご味と抹茶味をかけあわせた飲みやすい味になっているので、普通のモリンガの味が苦手という人にオススメです。

フルーツモリンガにはモリンガだけでなく、500億個の乳酸菌、121種類の植物発酵エキス、16種類のフルーツが入っています。

1杯当たりのカロリーは11.7キロカロリーなので、カロリー制限をしている人でも安心です。

500億個の乳酸菌はヨーグルト100杯分に相当し、腸内環境をサポートしたりボディメイクをサポートしたりしてくれます。

121種類の植物発酵エキスの中には、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖、食物繊維であるグルコマンナン、難消化性デキストリン、121種類の植物性生酵素を含みます。

合成保存料、着色料、甘味料無添加で優しい味わいなのも嬉しいポイントです。

主原料となるモリンガ、有機大麦若葉、有機抹茶は国産である点も安心できます。

イチゴ味の美味しい青汁ならモリママの赤い青汁

モリママの赤い青汁は、普段の食事だけでは栄養バランスが心配な人、好き嫌いの多い人、野菜が嫌いなお子さん、サプリなどの錠剤は継続するのが難しい人にオススメです。

青汁でありながら美味しいイチゴ味なため、お子さんにも受け入れられやすい味となっています。

モリンガの栄養だけではなく、成長期に必要な鉄、亜麻仁、カルシウムや9種類の国産野菜、ビタミン類など嬉しい栄養素や素材でいっぱいです。

9種類の国産野菜としてはモリンガ、大麦若葉、かぼちゃ、にんじん、ケール、桑の葉、ほうれん草、サツマイモ、亜麻仁が含まれます。

子どもの野菜嫌いは親として大きな悩みの種ですよね。

モリママの赤い青汁なら、豊富に野菜が含まれるのでそんな悩みも解決してくれます。

ぜひ一度試してみてくださいね。