スーパーフードの一つとして挙げられる「モリンガ」は、有名なファッションモデルやアーティストなども愛用していることでも広く知られ、昨今世界中で注目を浴びている食材です。日本でもモリンガを使ったさまざまな商品が販売されており、モリンガの葉を加工してパウダー状にしたモリンガパウダーや、モリンガ茶などが多く見られます。

そんな豊かな栄養素を持つモリンガに興味はあるものの、健康に良いとされるものは「おいしくなさそう」といった印象を抱く人も少なくありません。そもそもモリンガとはどのようなものなのか、何が良いのか、どんな味がするのかなど、気になる点も多いでしょう。

今回の記事では、モリンガの概要や実際の口コミ、おすすめの商品などについて解説します。

話題のスーパーフード「モリンガ」とは?

モリンガとはワサビノキ科の植物で、原産地はインド北西部のヒマラヤ山脈です。亜熱帯・熱帯地域の気候を好み、西インドや中南米、アフリカなどの多くの国で栽培されています。日本で栽培されている地域は、沖縄県や鹿児島県などが挙げられます。

モリンガは葉・根・種・花などほぼすべての部分を食用として利用でき、それぞれに豊富な栄養素が含まれている点が大きな特徴です。なかでもモリンガの葉には90種類以上の栄養素が含まれています。その中には抗酸化物質が46種類、抗炎症物質が36種類、アミノ酸が19種類と豊富なうえ、内容量が多いところもポイントです。またノンカフェインなので、カフェインが気になる人でも安心です。

代表的な食材と比較すると、カルシウムは牛乳の16倍、食物繊維はレタスの28倍、鉄分はプルーンの82倍など、驚くべき差があります。そのため、地球上の食べられる植物の中で「もっとも高い栄養分を含む植物」ともいわれているそうです。

モリンガの口コミ・評判はどう?

優れた栄養素を持つモリンガですが、味も気になるところです。モリンガは葉を加工したモリンガパウダーや青汁、モリンガ茶などが販売されています。Twitterでモリンガに対する口コミを調査したところ、さまざまな意見がありました。悪い口コミと良い口コミの両方を紹介します。

悪い口コミ

悪い口コミとしては、以下のような声がありました。

- 後味が気になる
- 独特な香りがする
- 草っぽくて苦手
- 青汁のような苦さ

モリンガは草のような味がするという声が多く見受けられました。後味に独特の苦味を感じるという声もあります。言い換えれば、抹茶や緑茶のような味わいでもあります。しかしにおいや味に苦手意識を感じる人も一定数いるようで、「もう飲みたくない」という声もありました。

モリンガを使った商品は多く展開されているので、商品によっても味への印象が異なるようです。

良い口コミ

良い口コミとしては、以下のような声が見受けられました。

- 独特な香りだけどおいしい
- 抹茶のような味でおいしい
- 料理にプラスできて便利
- アレンジ次第でおいしくできる

モリンガの味が好きという声のほか、アレンジ方法が多彩な点に魅力を感じている人も多いようです。モリンガパウダーは、飲み物としてはもちろん、料理に混ぜるといった工夫もできます。たとえばクッキーの生地にモリンガパウダーを加えると、抹茶風味のクッキーに変わります。

なかには「味が苦手だったけど、モリンガパウダーをじゃがいものスープに混ぜたらおいしく飲めた」という解決策を見つけた人もいるようです。モリンガそのものの味は苦手でも、アレンジ次第でおいしく摂取できる方法もあります。

口コミで評判の高いモリンガの商品はどれ?

モリンガの口コミを見てみると、「飲みやすい」「おいしい」「アレンジができる」という声があった一方で、「味がどうしても苦手」という声もありました。健康に良いスーパーフードといわれていても、おいしくなければ継続することは難しいでしょう。飲みづらいという感想を持っている人には、マイナチュラのフルーツモリンガがおすすめです。

モリンガを配合した青汁で、青汁独特の苦味を抑えたフルーティーなリンゴ風味に特徴があります。フルーツモリンガの魅力は飲みやすさだけではなく、魅力的な栄養素が含まれているところも注目したいポイントです。

お肌やボディメイクにもうれしい成分がたっぷり

フルーツモリンガは、モリンガをベースに酵素や乳酸菌などを配合したフルーツ青汁です。モリンガに含まれているポリフェノール、ビタミンA・ビタミンCなどが、活性酸素を除去して肌の調子を整えるサポートをしてくれます。そして普段の食事から摂ることが難しい酵素が121種類も配合されており、バランスの取れた酵素がボディメイクの手助けをしてくれます。

また乳酸菌500億個、nano-ECF乳酸菌、ビフィズス菌も含まれており、乳酸菌500億個は、ヨーグルトに置き換えると1杯で約100杯分です。お腹に優しい成分が、毎日のスッキリに一役買ってくれるでしょう。

よりボディメイク効果を高めたい人は、乳酸菌がフルーツモリンガの2倍の1,000億個配合されたフルーツモリンガスリムもおすすめです。豊富な栄養素が1杯で摂取でき、満足感も得やすいので、置き換えダイエットとしての活用にも最適です。

無添加へのこだわり

毎日飲むものだからこそ、添加物も気になるところです。フルーツモリンガは、合成保存料・着色料・甘味料を使用していません。また国内素材&国内生産にも徹底的にこだわっています。主原料となるモリンガや有機大麦若葉、有機抹茶などももちろん国産で、管理の行き届いた国内の向上で製造されているため、安心感がある点もポイントです。

飲み方もお好みの方法でOK

コップに粉末状のフルーツモリンガ1包と、適量(100ml)の牛乳や豆乳などのお好みのドリンクと混ぜるだけなので手間いらずです。1日あたり1〜2包が目安とされており、1包あたりのカロリーもたったの11.7kcalなので、気軽に取り入れられます。

また飲み物以外にも、ヨーグルトやアイスなどと混ぜるといったアレンジも可能です。

子ども向けのモリンガ青汁もおすすめ

フルーツモリンガ・フルーツモリンガスリムのほか、野菜嫌いな子どもを持つ悩めるママに向けて開発された「モリママの赤い青汁」もあります。子どもの成長に欠かせない野菜をはじめ、ビタミン類を13種類以上含む有機モリンガ、豊富な乳酸菌などが含まれており、子どもの健康と成長をサポートしてくれます。

また保存料や着色料などの添加物を使用しておらず、アレルギー特定原料27品目不使用のため、食べ物に敏感なお子様でも安心して飲める点も魅力です。

子どもの偏食や野菜嫌いでお悩みを抱えている人は、ジュース感覚で飲めるモリママの赤い青汁を試してみてはいかがでしょうか。

フルーツモリンガで美味しく栄養を取り入れてみよう

実際にモリンガを試した人からは、飲みやすいという声があった反面、味が受け付けないという感想を持つ人も一定数いることがわかりました。モリンガを使用した商品のなかでも、フルーツモリンガ・モリママの赤い青汁は飲みやすいと好評のフルーツ青汁です。美肌やダイエットのサポートにも働きかけてくれる成分も豊富なので、美意識の高い人にも向いています。

モリンガの味が苦手な人は、フルーツモリンガをぜひ試してみてください。