「ミラクルツリー(奇跡の木)」という俗称を持つスーパーフード「モリンガ」について、健康や美容に関心の高い人は知っている人も多いかもしれません。

スーパーフードとは栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品のことです。日本のスーパーフードでは、納豆や味噌、甘酒などが挙げられます。

日本国内では、モリンガの葉を原料にしたモリンガパウダーが多く流通しており、さまざまな方法で飲むことが可能です。扱いやすさにも優れたモリンガパウダーについて、どんな摂取方法があるのか知りたいという方は多いのではないでしょうか。

今回の記事では、モリンガの魅力を解説しながら、モリンガパウダーのおすすめの飲み方をご紹介します。

モリンガパウダーの飲み方

モリンガが自生している国では、生の葉をそのまま料理に使うケースが多いですが、日本では葉を加工したモリンガパウダーが浸透しています。抹茶やよもぎのような味で、主に以下の3つの方法で摂取することが可能です。

水やお湯に溶かして飲む

もっとも簡単でリーズナブルな方法として、水やお湯に溶かして飲む方法があります。モリンガパウダーの味に苦手意識がない人や、手軽に取り入れたい人におすすめです。

スムージーにして飲む

水やお湯に溶かす方法は飲みにくいという人は、牛乳やスムージー、プロテインなどに加えて飲む方法もあります。

たとえばモリンガパウダー小さじ1杯に、メープルシロップとアーモンドミルクを加えるとモリンガラテが作れます。モリンガは抹茶のような風味なので、抹茶風ラテとして飲めるでしょう。

また季節の野菜やフルーツをミックスしたスムージーに、モリンガパウダーを小さじ1杯プラスすれば、さらに栄養たっぷりなスムージーにアレンジできます。

お菓子や料理に加える

モリンガパウダーは飲み物としてだけでなく、お菓子や料理に加える手段もあります。

お菓子の場合は、パンケーキやマフィン、ワッフルなどの生地にモリンガパウダーを練り込んで使う方法がおすすめです。生地が緑色になり、抹茶のような味わいになります。

料理の場合は、味噌汁やスープにモリンガパウダーを入れたり、自家製ふりかけにプラスしたりなど、手軽に取り入れることが可能です。パスタのアレンジレシピとして、バジルの代わりにモリンガパウダーを使い、栄養満点のジェノベーゼにする人もいるようです。

モリンガパウダーが苦手な人におすすめの飲み方

モリンガパウダーの抹茶やよもぎのような風味が得意でない人も少なくありません。苦手なものは続けることが難しくなってしまうため、少しでも取り入れやすいものを選ぶのが継続のコツです。

モリンガを使った商品はモリンガパウダーに限りません。健康食品を取り扱うマイナチュラでは、モリンガを原料にしたフルーツ青汁商品が販売されています。モリンガの苦味や香りを抑え、飲みやすさにとことん追求しているため、モリンガパウダーが苦手な人にとくに試してみてほしい商品の一つです。

フルーツモリンガ・フルーツモリンガスリム

フルーツモリンガは、モリンガを配合したフルーツ青汁です。栄養豊富なモリンガに加えて、乳酸菌やコラーゲン、酵素などの美容とボディメイクをサポートする成分もブレンドされています。

フルーツモリンガのこだわりは、以下の5つです。

モリンガを配合
121種類の酵素配合
乳酸菌500億個配合(フルーツモリンガスリムは1,000億個)
16種類のフルーツを配合
保存料・着色料・甘味料不使用
ビタミン類をはじめとする90種類以上の栄養素を含んだモリンガはもちろん、ダイエットをサポートする酵素や腸内環境を整える乳酸菌などを配合しています。普段の食事から摂ることが難しい酵素をなんと121種類配合しており、ボディメイクの手助けをしてくれるでしょう。

さらに16種類のフルーツを配合し、リンゴ風味で飲みやすいように工夫されています。安全面においても無添加を徹底しているため、添加物が心配な人でも安心して飲める点も魅力です。

フルーツモリンガスリムは、よりダイエットにフォーカスし、乳酸菌を2倍の1,000億個配合した商品です。置き換えダイエットやファスティングとしての活用もおすすめです。

フルーツモリンガ・フルーツモリンガスリムの飲み方は、シェイカーに水(100ml)やお好みのソフトドリンクを入れ、1袋を入れてよく振ってから飲みます。ヨーグルトや豆乳、牛乳、アイスクリームなどと混ぜてもおいしく飲めるため、手軽に取り入れやすい点も好評です。

モリンガパウダーをおいしく飲みたい、美容やダイエットに関心がある人は、フルーツモリンガ・フルーツモリンガスリムを試してみてはいかがでしょうか。

モリママの赤い青汁

モリママの赤い青汁は、モリンガを配合した子ども向けのフルーツ青汁です。野菜が嫌い、好き嫌いが激しい子どもの偏りがちな栄養をサポートするために開発されました。

主な特徴は以下の6つです。

9種類の国産野菜を凝縮
有機モリンガ配合
乳酸菌100億個+ビフィズス菌10億個のダブルパワーで腸内環境をサポート
カルシウム・鉄・亜麻仁で成長をサポート
ビタミンC補給で丈夫な体づくり
無添加・アレルギー特定原料等27品目不使用
大麦若葉・かぼちゃ・にんじん・桑の葉・ケール・亜麻仁・さつまいも・ほうれん草・モリンガの9種類の国産野菜を1日1杯で摂取することが可能です。また腸内環境を手助けする乳酸菌・ビフィズス菌や、体の成長に欠かせないカルシウムや鉄、亜麻仁も含まれています。

子どもの1日のビタミンCが不足しているといわれている点に着目し、ビタミンCも配合しています。抗酸化パワーで、季節に負けない丈夫な体づくりに働きかけてくれるでしょう。

香料や人工甘味料に頼らない自然なおいしさにこだわり、毎日飲みたくなるイチゴ味に仕上げているところもポイントで、子どもだけでなく親子で飲んでいるケースも多いようです。

豆乳や牛乳などお好みの方法で割って飲み物として摂取する方法はもちろん、ヨーグルトやアイスなどにかける方法もあります。お好みの方法でお試しください。

フルーツモリンガのアレンジレシピ

フルーツモリンガのアレンジレシピを3つご紹介します。

ソフトドリンク割り

【材料】

フルーツモリンガ:1袋

お好みのソフトドリンク:100cc

【作り方】

グラスにフルーツモリンガを入れ、お好みのソフトドリンクで溶かす。リンゴ風味なので炭酸水やりんごジュースなどがおすすめです。

豆乳割り

【材料】

フルーツモリンガ:1袋

豆乳:100cc

【作り方】

グラスにフルーツモリンガを入れ、豆乳で溶かす。カロリーが気になる人は、無調整豆乳やアーモンドミルクを選びましょう。

バナナスムージー

【材料】

フルーツモリンガ:1袋

バナナ:50g(1/2本程度)

牛乳:100cc

【作り方】

すべての材料をミキサーに入れて、1〜2分程度ミキサーにかける。バナナのスライスを入れたり、冷凍フルーツや豆乳も混ぜたりなど、アレンジ方法が多彩です。

とくにバナナは腹持ちが良いので置き換えにもぴったりです。

モリンガパウダーをお好みの方法で取り入れよう

モリンガパウダーは、日々の食事にスプーン1杯分プラスするだけで、手軽に栄養を取り入れられる点が魅力です。シンプルに水で割って飲んだり、料理に混ぜたりなどアレンジ方法も多彩です。

しかしモリンガパウダーの味がどうしても受け付けないという人もいるでしょう。苦手なものを無理して続けようとすると、かえってストレスになるため、飲みやすいものに変えてみることをおすすめします。

マイナチュラのフルーツモリンガやモリママの赤い青汁は、飲みやすさはもちろん、美容やダイエットに悩みを持つ人にうれしい成分もたっぷりブレンドされています。モリンガパウダーが飲みづらいと感じた人や、より栄養を摂取したい人はぜひお試しください。