「奇跡の木」や「薬箱の木」と呼ばれるほどの高い栄養価を誇るスーパーフード「モリンガ」をご存じでしょうか。
日本でもモリンガの栽培を始める地域も出てきており、国内ではモリンガの葉をパウダー状にした製品が数多く販売されています。

しかしモリンガを食事にどのように取り入れたら良いかわからないという方は多いのではないでしょうか。

今回の記事では、モリンガの魅力に触れながら、モリンガを使ったおすすめの料理レシピや活用術をご紹介します。

奇跡のスーパーフード「モリンガ」とは?

モリンガはアフリカやインドなどの熱帯地域に自生している植物です。モリンガには豊富なビタミンやミネラルをはじめ、90種類以上の栄養素、46種類以上の抗酸化物質が含まれているといわれており、群を抜く高い栄養価が注目されています。近年ではさまざまな研究によって多くの効能が証明されてきています。

またモリンガの持つ効能や豊富な栄養価から、国連のWFP(世界食糧計画)でも採用されている食べ物であり、飢餓状態・栄養失調状態にある多くの子どもたちを救ってきました。

なお、現代の日本では、ライフスタイルの変化や食物の栄養価低下、食の欧米化などの影響により、栄養バランスが崩れがちになっているといわれています。そのためモリンガの高い栄養価は、現代の日本人の不足している栄養を補えるスーパーフードとしても話題を集めています。

モリンガの活用術を紹介!おすすめ料理レシピ5選

国内に流通しているモリンガは、モリンガの葉を粉末にしたモリンガパウダーが主流です。パウダー状になっているため、さまざまな料理にプラスできてアレンジしやすい点が魅力です。モリンガを活用した簡単なレシピを5つご紹介します。

モリンガパンケーキ

モリンガを使ったスイーツなら、パンケーキがおすすめです。いつものパンケーキのレシピに、モリンガパウダーを足すだけで手軽に取り入れられます。

【材料(2〜3枚分)】

- モリンガパウダー:小さじ1
- ホットケーキミックス:200g
- 豆乳:200ml
- 卵:1個
- お好みで:はちみつやメープルシロップ

【作り方】

1. ボウルに卵と豆乳を入れて混ぜる
2. 1にモリンガパウダーを入れて、全体が緑色になるまで混ぜる
3. 2にホットケーキミックスを入れてよくかき混ぜる
4. フライパンに油を引き、生地を流し込み弱火でじっくり焼く
5. プツプツとしてきたら裏返してさらに焼く
6. 両面が焼けたらお好みではちみつやメープルシロップをトッピングして完成

モリンガスムージー

スムージーが好きな方は、モリンガパウダーをプラスしてみましょう。いつものスムージーがより栄養豊富なスムージーに変わります。

【材料(1人分)】

- 豆乳または牛乳:150cc
- お好みのフルーツや野菜
- モリンガパウダー:大さじ1

【作り方】

1. 使用する食材の皮を剥いたり切ったりなどして準備する
2. すべての材料を容器に入れてミキサーにかける
3. 甘みが足りない場合ははちみつで味を整えて完成

モリンガ入りコンソメスープ

モリンガパウダーはスープにも合います。モリンガ入りの温まるスープで栄養を補給しながら、寒い冬を乗り切りましょう。

【材料(2人分)】

- 玉ねぎ:1/4
- えのき:1/6
- 人参:1/3
- コンソメ:1個
- 水:350cc
- バジル:少々
- モリンガパウダー:小さじ1/2

【作り方】

1. 玉ねぎ、人参を8mmくらいの大きさに切る
2. 鍋に玉ねぎ、人参、えのき、バジルと水を入れて柔らかくなるまで煮る
3. コンソメとモリンガを入れて、一煮立ちしたら完成

モリンガペペロンチーノ

ペペロンチーノにモリンガパウダーを振りかけるだけの簡単レシピです。緑色のモリンガパウダーがペペロンチーノに彩りを添えます。

【材料(2人分)】

- にんにく:4片
- ベーコン:50g
- 輪切り唐辛子:適量
- 塩:少々
- パスタ:180g
- 水:500〜550cc
- オリーブオイル:適量
- 白ワイン:大さじ1
- モリンガパウダー:小さじ1

【作り方】

1. ニンニクを細かく切り、ベーコンを食べやすい大きさに切る
2. ニンニク、ベーコンをオリーブオイルで炒める
3. 炒めたフライパンに水を500cc入れて、そのままパスタを入れて沸騰させる
4. 沸騰してきたら白ワインと塩を入れる
5. パスタが水を吸ってなくなってきたら、オリーブオイルと輪切り唐辛子を足す
6. そのまま水がなくなってきたら、最後にモリンガパウダーをパラパラふりかけて完成

モリンガ入りふりかけ

市販のふりかけは塩分や添加物が気になるという人は自家製ふりかけがおすすめです。モリンガを加えてさらに栄養をプラスしましょう。

【材料】

- 青菜:3房
- モリンガパウダー:小さじ1
- 鮭フレーク:大さじ2
- ごま:適量
- 酒:大さじ1
- みりん:大さじ1
- 塩:少々
- ごま油:小さじ1
- 昆布出汁顆粒:小さじ4/5

【作り方】

1. フライパンにごま油を引いて刻んだ青菜を炒め、昆布出汁顆粒、モリンガパウダーを入れてなじませる
2. 鮭フレークを加えて炒め合わせたら、酒とみりんを入れて水気がなくなるまで炒める
3. 火を止めたら適量のごまを加えて混ぜて完成

より手軽においしく!マイナチュラのモリンガ製品もおすすめ

モリンガパウダーの味は抹茶のようなイメージですが、なかには抹茶の香りに苦手意識を抱いている方も少なくありません。

しかし最近では、モリンガパウダーを飲みやすくアレンジしたモリンガ製品が数多く販売されています。なかでも飲みやすさ、手軽さを追求したマイナチュラのモリンガ製品は、美容やダイエットに関心のある女性を中心に支持を集めています。

女性にうれしい成分もたっぷり!フルーツモリンガ

フルーツモリンガは、モリンガをベースにしたフルーツ青汁です。健康や美容効果が期待できる成分が豊富なだけでなく、フルーティーなりんご風味に仕上げており、飲みやすさにもこだわっている点も人気の理由の一つです。

モリンガの豊富な栄養素に加えて、フルーツモリンガではダイエットをサポートしてくれる121種類の酵素が配合されています。また便秘解消の効果が期待できる乳酸菌も多く含まれており、体の健康と美容の両方にアプローチしてくれるでしょう。

また保存料や着色料、甘味料も一切使用せず、国内素材の使用、国内生産を徹底しているため、安全性や品質面でも安心感があります。

粉末状のフルーツモリンガを、牛乳や豆乳などで割るだけで簡単にスムージーが完成するので、忙しい朝にもぴったりです。

野菜嫌いな子どもにもおすすめ!モリママの赤い青汁

子どもの成長のために野菜をたくさん食べてもらいたいと願うものの、野菜が嫌いで食べたがらないというケースも珍しくありません。そんな悩めるママに向けて開発された商品が「モリママの赤い青汁」です。

モリンガをベースに、9種類の国産野菜や豊富なビタミン類、乳酸菌などがたっぷり含まれており、子どもの体の成長をサポートしてくれます。

またフルーツモリンガと同様に、子どもでもおいしく飲めるようにイチゴ味に作られているので、野菜嫌いな子や好き嫌いが激しい子にもぴったりです。

日々の料理にモリンガをプラスしてみよう

豊富な栄養価で話題のスーパーフードのモリンガについて、おすすめのレシピとともにご紹介しました。

国内にはモリンガをベースにした商品が多く展開されており、なかでも粉末になったタイプがもっとも取り入れやすいためおすすめです。モリンガの独特な風味が気になるという方は、飲みやすさにこだわったマイナチュラの製品を試してみることも一つの方法です。

日々の料理にモリンガを取り入れて、足りない栄養素を手軽に補いましょう。