体質改善にたくさんのメリットがあるとして、アメリカをはじめとする幅広い国で話題になっている断食(ファスティング)。特にここ最近は、断食期間中にモリンガドリンクを取り入れたやり方が注目を集めています。

そこで今回は、体に負担の少ないモリンガを取り入れた断食について詳しくご紹介。断食に要する期間や準備をはじめ、注意点についてもまとめました。

断食(ファスティング)とは?

日本語で、「断食・絶食」という意味を持つ「ファスティング(fast)」という言葉。

しかし実際は、完全に食事を絶つというわけではなく、野菜ジュースや酵素ドリンクなどで必要最低限の栄養を摂取することができる食事療法です。そのため体への負担が比較的少ないとされており、手軽に取り入れることができます。

とはいえ、断食は正しい方法で行わないと逆効果になってしまう可能性があります。はじめる前はどのくらいの期間行うかを明確にし、以下を参考に念入りに体調を整えましょう。

断食(ファスティング)のやり方

では、週末の2日間(土日)のみを使った断食のやり方を簡単に解説していきます。

まず1日目は、3食分の食事を全てファスティング用ドリンクに置き換えます。後半でも詳しく解説していきますが、このドリンクにはビタミンやミネラルをはじめとする最低限の栄養素が含まれているのが大前提です。

2日目は回復期です。朝と昼は豆腐や生野菜、おかゆ、納豆などの消化がスムーズな食材でゆっくりとお腹を満たしていきましょう。手羽元や野菜がじっくり煮込まれたスープなどでもOKです。夜はもう一度ファスティング用ドリンクで胃腸を整えて終了。食事は就寝の3時間前には済ませてくださいね。

断食(ファスティング)への準備

体への負担を減らすため、ファスティングを始める前は軽く準備期間を設けておくと安心です。できれば2〜3日前から栄養バランスを気にしたり、消化が良い食材を中心に口にするよう心がけてみてください。前日は、食べる量自体をいつもより少なめにするだけでも十分体が整いますよ。

断食をする際の注意点

では次に、断食をする際に必ず抑えておきたい注意点を解説していきます。

復食期間を設ける

断食明けの2〜3日は、胃に優しい食事を中心に食べましょう。期間が終わったからといって、復食期間を無視していきなり通常の食事に戻すのは絶対にNGです。胃腸にかなりの負担がかかってしまいます。

体調や気分が優れない時は控える

少しでも体調や気分が優れない時はファスティングを控えましょう。

また、期間や食事内容など、断食にはさまざまな方法があります。そのため、自分に合わないやり方は時にストレスになってしまうことも...。特にはじめて断食をする際は、適度に栄養を摂りながら安全に行いましょう。

断食にモリンガを取り入れるメリット

では、モリンガを取り入れた断食にはどんなメリットがあるのでしょうか?

こちらから詳しくみていきましょう。

腸内環境が整う

モリンガには、なんとレタスの約23倍もの食物繊維が含まれています。さらに水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれているので、断食期間中もすっきりとした朝を迎えられます。

また、腸内環境が整うことで、肌にも良い影響がああります。ここ最近話題の腸活でもよく言われているように、腸の調子は肌トラブル改善と密接に関わる要素のひとつ。モリンガに含まれる栄養で腸が整えば、肌にとっても嬉しい効果を実感できるでしょう。

断食中はフルーツモリンガ青汁がおすすめ

記事の冒頭でも解説した通り、いくら断食中とはいえ、ビタミン、ミネラル、酵素、少量の糖質は軽く摂取する必要があります。そしてできれば、吸収率がよく手軽なドリンクで6大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維)をバランスよく摂るのが理想です。

しかし、オリジナルのドリンクでその全てをカバーするのは正直大変なところ...。

そこでおすすめしたいのが、スーパーフードであるモリンガの豊富な栄養素をギュッと凝縮した『フルーツモリンガ青汁』です。マイナチュラのフルーツモリンガ青汁には、断食中にも摂取してほしい必要なビタミン、ミネラル、乳酸菌、酵素などの栄養がしっかりとに配合されています。

サッと溶けるパウダーを豆乳や甘酒に混ぜれば、ファスティング期間中にぴったりなドリンクをとても簡単に作ることができますよ。

断食にモリンガを取り入れて体内デトックス

モリンガの豊富な栄養素を断食中に取り入れることで、しっかりと体をリセットすることができそうですね。
マイナチュラのフルーツモリンガ青汁なら、はじめての方でも気軽にファスティングに挑戦できますよ。断食中のドリンクにお悩みの方はぜひ役立ててみてください。